コーヒーの淹れ方

苦味のあるアイスコーヒーなら急冷法がおすすめ!大人向けの作り方をご紹介します!

暑い日が続いて「今すぐ、キンキンに冷えた、のどごしスッキリのアイスコーヒーを作りたい!」と思っていませんか?

でも「カフェで出てくるようなアイスコーヒーを家で作るのは難しそう」と思っているかもしれません。ご安心ください。アイスコーヒーは、分量とたった3つのコツを守るだけで、自宅でも簡単に、おいしく作ることができます!

今回は基本的なアイスコーヒーの作り方以外にも「お店に負けないくらい、おいしいアイスコーヒーを作りたい!」「友だちにもふるまえるように、オシャレなアレンジも知りたい!」そんな疑問にすべてお答えします。

おいしいアイスコーヒーを作って、暑い夏を楽しみましょう♪

おいしいアイスコーヒーはお家でも作れる?

「そもそもアイスコーヒーって、ホットコーヒーを冷ますだけでいいの?」「すぐにアイスコーヒーを飲みたいけれど、冷ますのに時間がかかるのは困る!」「氷で冷やすとすぐにできそうだけど、味が薄くなってしまいそう」そう思っているかもしれません。

確かに、ホットコーヒーを冷ますだけでは、おいしいアイスコーヒーは作れません。しかし、分量とコツさえ守れば、誰でも簡単においしいアイスコーヒーを作ることができます!難しいスキルや、特別な器具は必要ありません。

おいしいアイスコーヒーを自宅で作ることができれば、「夏は一歩も外に出たくない…」という暑がりさんも、さらに夏を楽しむことができるはず!

それでは、さっそく基本的なアイスコーヒーの作り方について説明していきましょう♪

「急冷法」と「水出し」

アイスコーヒーの作り方には、「急冷法」「水出し」があります。

「急冷法」とはその名前のとおり、熱いお湯で淹れたコーヒーをたくさんの氷で一気に冷やしてアイスコーヒーにするもの。「水出し」は水でゆっくりと抽出するコーヒーのことで、「コールドブリュー」「ダッチコーヒー」とも呼ばれています。

それでは、それぞれの特徴やレシピをご紹介していきましょう。

◯急冷法

「急冷法」では、挽いたコーヒー豆を熱いお湯で抽出し、氷で冷やしてアイスコーヒーにします。コーヒー独特のしっかりとした味わいが特徴。

お湯で抽出するからこそ、コーヒーの成分がしっかりと溶け込み、きりっとした苦みや風味を味わうことができるんですね。「コーヒー独特の苦みが好き!」「大人の味わいを楽しみたい!」という方におすすめ。

使用する器具は、ホットコーヒーを淹れるときに使っているものと同じで大丈夫です。すでにハンドドリップ用の道具を持っているなら、とくに新しい器具を準備する必要はありません。すぐにアイスコーヒーを作ることができますよ。

急冷法でアイスコーヒーを淹れてみよう

準備する物
  • お好みのコーヒー粉(挽いたコーヒー豆):20~25g
  • お湯:250cc
  • 氷:100g</>li
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • サーバー

*作り方*

手順1
あらかじめ、サーバーに氷を入れておく
 
 
手順2
ドリッパーにフィルターをセットし、コーヒー粉(挽いたコーヒー豆)を入れる
 
 
手順3
ドリッパー全体にお湯を注ぎ、30秒ほど蒸らす
 
 
手順4
少しずつ、ゆっくりとお湯を注いでいく
 
 
手順5
氷を入れたグラスに注いで完成!
 
 
★ポイント★

ゆっくりと抽出を行うこと。抽出されたコーヒーがたくさんの氷で一気に冷やされ、すっきりと引きしまった味わいになりますよ!

◯水出し

「水出し」は「水につけてゆっくり抽出したコーヒー」のこと。水で時間をかけて抽出するため、味わい深く、まろやかで飲みやすいのが特徴。これは、熱をかけずに抽出することで、コーヒー独特の苦みやえぐみが出にくくなるためです。とても飲みやすいコーヒーなので、コーヒー初心者の方や「苦すぎるコーヒーはちょっと…」という方におすすめ。

専用の水出しコーヒーポットを使えば、ストレーナー(こし網)の中にコーヒー粉や挽いたコーヒー豆を入れるだけなので、とっても簡単においしいアイスコーヒーを作ることができます。

専用ポットを使って水出しコーヒーを淹れてみよう

準備する物
  • 準備するもの*
  • ストレーナー付の水出しコーヒー用ポット
  • お好みのコーヒー粉(挽いたコーヒー豆):100g
  • 水:1L

*作り方*

手順1
ストレーナーにコーヒー粉(挽いたコーヒー豆)を入れ、ポットにセットする
 
 
手順2
ポットにゆっくりと水を注ぎ、スプーンで2~3周かき混ぜる
 
 
手順3
8時間ほど寝かし、ストレーナーを取り出したら完成!
 
 
★ポイント★

専用ポットは1,500円くらいで購入することができます。また、一度にたくさんの量を作ることができるのも魅力のひとつ。1Lの水に対して、コーヒー豆100gが目安ですが、ポットのサイズによって調整してください。

〇「急冷法」と「水出し」の比較

淹れ方が違えば、味わいも変わってきます。それぞれの味の違いや特徴をご紹介しますので、お好みのアイスコーヒーを見つけてみてくださいね。

 

急冷法

水出し

味の特徴

・コーヒーの風味がしっかりとした味わい

・きりっとした苦みがある

・コーヒー独特の苦みやえぐみが少ない

・口当たりがまろやかで飲みやすい

メリット

飲みたいときにすぐ淹れることができる

手間をかけずに、一度にたくさん作ることができる

デメリット

氷やフィルターなど、用意しなければならないものが多い

抽出に時間がかかってしまう

おいしいアイスコーヒーを作るコツ

カフェで出てくるようなアイスコーヒーを、自宅で作ることができればうれしいですよね。

でも、実際に作ってみると「なんだか味がボンヤリと薄くなってしまった」「味が濃すぎておいしくなかった…」など、失敗した経験があるかもしれませんね。

安心してください。以下の3つのポイントを守れば、失敗することなく、おいしいアイスコーヒーを作ることができます!

  1. 豆は「深煎り」「中挽き」をセレクト
  2. ドリップする場合、濃さは2倍に!
  3. たっぷりの氷で急冷すること

では、順番に理由を説明していきますね。

◯豆は「深煎り」「中挽き」をセレクト

おいしいアイスコーヒーを作るために豆は「深煎り」を選びましょう。苦みが強い深煎りの豆を使うことで、コクが深いアイスコーヒーを淹れることができます。

とくに「水出し」の場合は、「深煎り」かつ「中挽き」の豆がおすすめです。水出しコーヒーは抽出時間が長いため、細挽きにすると雑味やえぐみまで抽出されてしまいます。

水出しならではの「まろやかさ」を失わせないように、「中挽き~やや粗挽き」の豆を選ぶようにしましょう。

コーヒーの基礎知識

アイスコーヒーは、ホットコーヒーよりも酸味を強く感じやすいと言われています。これは、人の味覚の特徴に関係があるんです。

人は冷たい食べものだと、酸味を強く感じる傾向があります。しかし、冷たいと苦みはあまり感じません。この法則から、アイスコーヒーでは苦さを出しやすい「深煎り」を使って、はっきりした味にすることが多いんですよ。

◯急冷式で淹れる場合、コーヒーの濃さは2倍に!

急冷式(ドリップ)でアイスコーヒーを作る場合、コーヒーの濃度は2倍にしましょう。アイスコーヒーは最終的に氷で冷やすため、どうしても味が薄くなってしまいます。

冷やした後もコーヒーのコクや風味を保つために、抽出するときはいつもの2倍濃くしましょう。

◯たっぷりの氷で急冷すること

おいしいアイスコーヒーを作るポイントは、たっぷりの氷で一気に冷やしましょう!抽出してすぐのコーヒーを一気に冷やすことで、コーヒーの風味や香りを閉じ込めることができます。

でも「しっかり冷やしているつもりだけど、ちゃんとキンキンに冷えているか分からない」と思っているかもしれませんね。しっかり冷えているか確かめるには、たっぷりの氷でコーヒーを冷やした後、マドラーでぐるぐるかき混ぜてみてください。氷が溶けなくなったら、しっかり冷えた証拠ですよ。

アイスコーヒーメーカーを使用する方法

急冷法や水出し以外にも、「アイスコーヒーメーカー」を使用してアイスコーヒーを淹れることができます。アイスコーヒーメーカーは、自宅で簡単にアイスコーヒーを淹れることができるキッチングッズのこと。

大きく分けると、次の3つのタイプに分けられます。

  1. ドリップ式
  2. 手動式
  3. 電動式

それぞれの特徴をご紹介しますので、好みに合わせて選んでください。

①ドリップ式

ドリップ式は、お湯で抽出したコーヒーを氷で一気に冷やすことができる器具です。抽出時間が短いため、飲みたいときにすぐ飲めるのが魅力。一気に冷やすことでコーヒーのうまみをぎゅ~っと閉じ込めるので、味わい深いアイスコーヒーを楽しむことができます。

②手動式

手動式はお湯や水の淹れ方を細かく調整することができます。慣れるまでは調整が難しいかもしれませんが、香りや濃さを自分好みにできるのは嬉しいですよね!

また、手動式はポットタイプのものが多く、お手入れが簡単なのも魅力のひとつ。置き場所にも困りませんので、「一日に何杯もコーヒーを飲みたい!」という方におすすめですよ♪

③電動式

電動式は名前の通り、自動でコーヒーを抽出することができる器具です。お湯を沸かしたり、注いだりする必要はありません!コーヒー豆をセットするだけで、本格的なコーヒーをコーヒーメーカーが自動で淹れてくれます♪「自分で味を調整するのは難しそう」と思っている初心者さんにもおすすめです。

電動式のコーヒーメーカーでは、サーモスの商品が人気。なんと、お湯を沸かす必要もなく、コーヒー粉と氷をセットするだけでアイスコーヒーを作ることができるんです!コーヒーサーバーは二重構造となっているので、コーヒーの香りや風味を保つことができるのもうれしいポイントですよね。

ドリップパックを使用する方法

これまでいろいろなアイスコーヒーの作り方をご紹介してきました。「意外と簡単にアイスコーヒーを作れそう。でも、材料を量ったり温度を管理するのはやっぱり面倒だなぁ」「コーヒーメーカーは便利そうだけど、器具を洗うのは面倒…」そう思っているかもしれません。そんなわがままさんにおすすめしたいのは、ドリップパックです!

おいしいアイスコーヒーを作るには、どうしても少しだけ手間がかかってしまいますよね。しかし、このドリップパックを使えばお湯を注ぐだけで本格的なアイスコーヒーを作ることができるんです。

ドリップパックを使って水出しコーヒーを淹れてみよう

準備する物
  • ドリップパック
  • グラス
  • ポット
  • お湯

*作り方*

手順1
グラスに氷をいれる
 
 
手順2
ドリッパーをグラスにセット
 
 
手順3
お湯を注いで20秒くらい蒸らす
 
 
手順4
かき混ぜてできあがり
 
 
★ポイント★

注ぐお湯の量はホットコーヒーの半分くらい。濃いめに淹れて、しっかり冷やしましょう!

アイスコーヒーのアレンジレシピ

見た目もかわいくて、もちろん味もおいしい!そんなアイスコーヒーを作りたいとは思いませんか?自分へのごほうびに作ってもよし、遊びにきたご友人にふるまってもよし!簡単に作ることができますので、ぜひ試してみてください♪

◯豆乳カフェオレ

豆乳をたっぷり使ったカフェオレ!牛乳よりも口当たりがまろやかになりますので、コーヒーの苦みが苦手という方にもおすすめです。

準備する物
  • アイスコーヒー
  • ガムシロップ

*作り方*

手順1
グラスに半分くらい氷をいれる
 
 
手順2
豆乳を注ぐ
 
 
手順3
氷に伝わせながらアイスコーヒーを注ぐ
 
 
手順4
軽く一周かきまぜる
 
 
★ポイント★

豆乳は、氷よりも下になるように注ぎましょう。氷に伝わせてコーヒーを注ぐことで、きれいな層を作ることができます。

◯オレンジアイスコーヒー

オレンジの風味を感じることができるフレーバーコーヒー。オレンジとコーヒーのコントラストがとってもきれいなので、見ためでも楽しむことができます。

準備する物
  • アイスコーヒー
  • オレンジジュース
  • ガムシロップ
  • カットオレンジ

*作り方*

手順1
グラスに氷を入れ、オレンジジュースを注ぐ
 
 
手順2
ガムシロップを加えてよく混ぜる
 
 
手順3
そっとアイスコーヒーを注ぐ
 
 
手順4
カットオレンジを飾って完成

◯ココナッツアイスコーヒー

ココナッツ風味のアイスコーヒー。やさしい甘さが口いっぱいに広がるので、疲れているときにもおすすめ。特別感があるのもうれしいですね。

準備する物
  • アイスコーヒー:150ml
  • コンデンスミルク:大さじ1杯
  • ココナッツシロップ:小さじ1杯
  • (お好みで)チェリー

*作り方*

手順1
グラスにコンデンスミルクを入れ、氷を入れる
 
 
手順2
アイスコーヒーにココナッツシロップを入れてかき混ぜておく
 
 
手順3
コンデンスミルクと層になるようにアイスコーヒーをゆっくりと注ぐ
 
 
手順4
お好みでチェリーを飾って完成
 
 

グラスにもこだわってみよう

お好みのグラスを選んで、アイスコーヒーをさらに楽しみましょう。見た目にこだわってもいいですし、機能性を重視してもいいかもしれませんね。おしゃれなグラスはもちろん素敵ですが、意外と知られていないおすすめのグラスをいくつかご紹介します。

①タンブラー

「アイスコーヒーといえば、銅のタンブラー!」と思っているかもしれませんね。タンブラーは二重構造になっているため、アイスコーヒーの冷たさを保つことができるのがポイント。表面に光る水滴がさわやかで、あつ~い夏にもぴったりですよ!

②ダブルウォールコーヒーカップ

ダブルウォールコーヒーカップは、中身が浮いているように見えるおしゃれなグラス。二重構造となっているため、手のひらの温度が伝わりにくく、コーヒーを冷たいまま保つことができるんです。手にフィットするように設計されているのも魅力的ですね。

③ロンググラス

ロンググラスといえば、ビールやカクテルなど、お酒を飲むときに使われるイメージがありますよね。ロンググラスなら、普通のアイスコーヒーを入れただけでも、とってもおしゃれで上品な印象に変わるんです。

まとめ

あつ~い夏は、キンキンに冷えたおいしいアイスコーヒーが飲みたくなりますよね。

実は、コツや分量を守れば、誰でも簡単においしいアイスコーヒーを作ることができるんですよ!

まず、アイスコーヒーを作る方法には「急冷法」「水出し」があります。

「急冷法」は、お湯を使って濃いめに淹れたコーヒーを冷却する方法。コーヒー独特の苦みやコクを楽しみたい人におすすめです。

一方、「水出し」は水からゆっくりコーヒーを抽出する方法。コーヒー独特の苦みやえぐみが少なく、口あたりがまろやかで飲みやすいのが特徴です。コーヒー初心者でも飲みやすいのが嬉しいですね。

淹れ方が変われば、味わいも違ってきますので、好みや気分に合わせて選んでください♪

おいしいアイスコーヒーを作るコツは3つ

  1. 豆は「中挽き」「深煎り」をセレクト
  2. (ドリップする場合)濃さは2倍にする
  3. たっぷりの氷で急冷すること

この3つのポイントを意識すれば、「冷やしたら薄くなってしまった…」なんてミスも防げますよ。

急冷法や水出し以外にも、アイスコーヒーメーカーやドリップパックを使用する方法もあります。アイスコーヒーメーカーには①ドリップ式②手動式③電動式のものがありますので、用途や好みに合わせて選んでください。

「豆を挽いたり、器具を洗うのは面倒…」と思う人は、お湯を注ぐだけで本格的なコーヒーを淹れることができるドリップパックがおすすめです。

うだるような暑い夏も、おいしいアイスコーヒーがあれば楽しく乗り越えられるはず♪自宅でおいしいアイスコーヒーを作って、すてきな夏をお過ごしください!

  • この記事を書いた人

cafe_fika

-コーヒーの淹れ方

Copyright© fika , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.